【Homebrew】インストール方法・使い方

MacOS

Homebrewとは?

HomebrewはMacOSにおけるパッケージ管理ソフトであり、コマンド1行でパッケージをインストール・管理することができます。

2020年11月に発売されたMac M1(Apple Silicon)ではhomebrewのインストール方法が異なりますので、別サイトをご参照ください。

ターミナルで使用するコマンドのインストールは [ brew ]コマンドで、GUIアプリのインストールは[ brew cask ]コマンドを入力します。

brew install 【コマンド名】
brew cask install 【アプリ名】

また下記コマンドでHomebrew及びインストールしたアプリをアップデートできます。

brew update && brew upgrade

またHomebrewの設定やインストールしたアプリの整合性の確認は下記コマンドで行います。

brew doctor

インストール方法

こちらから公式サイトにアクセスできます。サイトにインストール用のコマンドがあるのでコピーし、ターミナルで実行してください。

2020年11月現在のコマンドを以下に記載しておきますが、最新のコマンドを参照してください。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

コマンドを入力するとPasswordを要求されます。Terminal上でPCのpassword を入力しEnterを押してください。

ターミナル上でのパスワード入力は、キーボードをタイプしても画面の表示が変わらないので一見フリーズしているように見えますが、きちんと入力できています。

次にXcodeというソフトウェアのインストールを要求されます。Homebrewのインストールには必要のため、Enterを押して次に進みましょう。

再度パスワードが要求されるので入力してください。インストールが完了すると下記の画面が表示されます。

バージョンの確認

[ brew -v ]でバージョンを確認できます。問題なくインストールされたことを確認しましょう。

brew -v

これでインストールは完了です。お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました